お問い合わせ:0288-96-0156 手白澤温泉


手白周辺案内〜ブナの原生林・ブナ平

ブナ平

 

 手白澤温泉からすぐ近くにあるブナ平、お越しの際に気づかない方が大勢いらっしゃいます。
 また、加仁湯さんからすぐ上に登る階段を使わずに、奥鬼怒スーパー林道を使い手白澤へ続くゲート(鎖場)から歩くため気づかなかったというお客様もいらっしゃるようです。
 このブナの原生林は樹齢100年以上のものばかりで、昔も今もかわらずに世代交代してきたブナ達が登山客へ癒しの空間をあたえてくれています。
 冬の寒さの中、この原生林はたくましく春を待ち続け、5月・6月と残雪もあとわずかという頃合にいっせいに芽吹きはじめます。この頃の新緑はとても淡く明るく、まるで緑のトンネル、緑の空を おもわせます。 また、オオガメの木々がところどころで可愛く小さな白い花を咲かせ。 シャクナゲがピンクや赤の花を咲かせます。
 7月・8月頃の都会は38度超という真夏日であろうと、ジリジリした陽射しをさえぎってくれ、ココ手白澤をはじめ遊歩道上の外気温が何度も低く24度で暑い暑いと言う我々のクールスポットでもあります。
 また、9月になりますと残暑厳しい都会とは全く異なり寒いくらいの日もあります。
 10月には黄色・オレンジ・赤といった紅葉がはじまり、その年によりますが10月いっぱいまでが見ごろとなります。
 
 
 

時間帯によっての違い

 是非、ブナ平の木漏れ日の中を歩いてみてください。めったに人の来ない場所なので手白の静寂をお楽しみいただけます。観光地の中にある森にない静けさと空気ですよ。
 静かにしてると、カモシカや鹿が歩いてきたり、立ち枯れしたブナを叩く啄木鳥、リスや野鳥など小動物の気配が感じられます。
 【木漏れ日のある時間帯】
 手白澤温泉のチェックインが2:00という設定上、お客様がブナ平を通過するのもお昼を過ぎ〜夕方という時間帯。
 また、お帰りも午前中なので季節によってはまだあまり日の光が届かないうちに帰られることもしばしば。
 夏はおおむね陽射しが高くありますのでお帰りの際もお越しの際もブナの木漏れ日の中歩けます。
 

その手白澤周辺案内

右側一覧からお探しになるか、下記をクリックしてください。

  • 根名草山・大割山(こちらは周辺というには遠いですが、併せてご覧ください。)
  • 噴泉塔(こちらは周辺というには遠いですが、併せてご覧ください。)
  • 鬼怒沼(こちらは周辺というには遠いですが、併せてご覧ください。)

  • 写真のページ作成中!暫くお待ちください!
    手白周辺・各季節の写真ぎゃらりー準備中です




    Copyright (c) 2011 手白澤温泉.All Rights Reserved.